×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘルベッサーrカプセル100mg

ヘルベッサーの効果と副作用

ヘルべッサーについて

高血圧症や狭心症発作の症状に効果がある薬にも色々あります。その中のひとつに、へルベッサーがあります。へルベッサーは血管に対するカルシウムの働きを抑える作用があります。血圧を下げ、狭心症発作による心臓部分の腹痛をやわらげます。では、へルベッサーの副作用には、どのようなものがあるでしょうか。脈が遅くなる、めまいやふらつきがあります。また、呼吸困難、全身のむくみ、発熱、目の充血、口腔内のただれ、黄疸などがあります。

 

ヘルべッサーを服用して、副作用があった場合はただちに医師や薬剤師に相談しましょう。高血圧と狭心症で服用する量が違います。高血圧の場合は、成人で1回1〜2錠を1日3回服用します。狭心症の場合は、1回1錠を1日3回服用します。いずれにしても、年齢や症状により量が変わります。ですから、家族の誰かの薬があまったからといって勝手に服用してはいけません。

 

矢印 薬に頼らない高血圧改善法はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ